初麹作り!

初の麹作り✨
なかじさんの麹の学校で共に学んだメンバーで、おさらい会

4人で2キロずつ、仕込むので
8キロ蒸しました。
こんな感じだったかなぁーと記憶を辿りながら
種付けをして
持参した頒布に包み、保温容器に入れてみんな帰路へ~。
LINEで情報交換しつつ

温度管理
仲仕事からは湿度にも気をつけて

種切りする時から、パラパラで
これで大丈夫か心配でしたが
仕舞い仕事→出麹までになんとか
菌糸もしっかり出ていい感じに~。
ちょっとひとかたまり取ってみると

おぉ~いい感じ😍

麹ぶたから出して

パラパラに半乾燥
これで冷蔵庫で1カ月
冷凍庫で半年保存出来るんです。
ハラハラドキドキの麹作りでしたが
無事完成いたしました😍
蒸米の水分量とか、温度や湿度管理など
やって見てわかったことがいっぱいありました。
おさらい会参加のメンバーでの
LINE投稿に助けられ
一人ではこれでいいのか?だったと思います。
一緒にできて本当に良かった✨ありがとうございます。
まるで子育てのように、
目には見えないサインをキャッチしながら
こうだろうなぁーと、
すっと浮かぶ感覚は
お料理をしてて
食材との境界線がなくなって、一つになる感覚と同じでした✨
まずは甘酒を

甘さもあり
最初は少しえぐみがありましたが
時間が経つと、まろやかに~。
スポンサーサイト

酒蔵まつり

千葉の神崎で行われた、酒蔵まつりへ行ってきました。

電車もすごい人人人~

駅から徒歩15分程から、歩行者天国になっていて
いろんなところが会場に~。


こちらはアースデイ風ゾーン

寺田本家さんの蔵では、ものすごい鯖の越田さん、堀田さん、寺田さんとのトーク
本物って手間も暇も、本当にかかってて
市場を経由すると、化学的になってしまう商品。
こだわり抜いても、消費者とつながりがないと
どんな良いものも、日の目を見ない
その素晴らしさを
堀田さんがフォーカスされて、想いをきちんと商品化されて
どんどん広がる
ものすごい鯖という干物


生江シェフと寺田さんのトーク
日本の食文化の素晴らしさを伝承されてるお話
中身の濃いイベントでした。

こだわりぬいた味噌作り

昨日はこだわりぬいた味噌作りinハーブの家
2日浸けた水くぐりを、薪を焚べ木の蒸し器で4時間蒸して✨
浸けた大豆
1時間蒸した大豆
2時間蒸した大豆
3時間、4時間と蒸すごとに甘みが増して✨


もうこのまま味噌にせず食べていたいほどの美味しさでした😍
ガスで蒸すのとは違う、薪ならではの火のあたり✨
ガス火で茹でた大豆も味見してもらったら
いつもの、知ってる味~。
米麹は ハッピー太郎こと
池島くんに作ってもらった、無農薬滋賀旭米の米麹
丁寧に作られてて、そのまま麹を食べても美味しい😍
前日に麹を持ってきてくれた際に、
甘酒を作って持ってきてくれて
そういう気遣いや職人気質のところが
麹の味にもしっかり出てました✨
素晴らしい麹をありがとうございます✨
塩きりした麹と潰した大豆を混ぜて
容器に空気が入らないよう味噌玉を入れて
最後は、上原酒造さん不老泉の酒粕で蓋をして~。


出来上がりが待ち遠しい✨
美穂さんの子供たちもいっぱいお手伝いしてくれたり
ご参加いただいた方のご主人が
薪の火の番や、倒れたミモザを切ってくださったり
みなさん色々お手伝いしてくださって、ほんとありがたい😍
今回、吉見さんに動画撮影をお願いしたので
北村美穂さんに講師をしていただき
近々、高島の暮らし、たやまさこの味噌作り動画upいたします。
ランチは、らくださんのパンに
納豆でぃっぷや醸して茹でた豚
みなくちファームさんのお野菜
ゆるぎかぶらのお漬物を、ヤサカさんところの米マヨで和えて
サラダパン風に~
醸しグリンカレーのような、アクアパッツアのような一品
撮影用に炊いたご飯で、川エビラー油入りおにぎり
ハーブの家で出来るコト
暮らしの延長を味わえる
空気、水、豊かな自然
雪で折れたミモザの木
お花が枯れないうち
参加してくださった方のご主人が、
ミモザの枝を切ってくださって、みなさんにおすそ分け出来ました。
食事のお手伝い
薪割りや火の番をしてくれた子供達
集う場
ハーブの家
たま~に来るのもいいけれど
半分田舎、半分都会の生活をすると
色んな本質がカラダで受け取れます。
高島はそれが出来るところだなぁ~ろつくづく思う😄

風と土の交藝終わりました

風と土の交藝の三日間が終わりました。
たくさんの方にご訪問いただき
高島の暮らし豊かさ
発酵の素晴らしさ
先人の知恵の深さ
風車味噌のみそ湯をお出しして(ティースプーン一杯にお湯を100cc注いで)
ランチを召し上がってくださった方が
どのお料理も手が込んでますね。
時短の現代の魔逆!で素晴らしいと褒めていただきました。
忙しい日々時短料理は、有効でもあるけれど
丁寧にとったお出し
コトコト煮る
優しく食材をお料理した味は
ココロまでも満たしてくれる✨
そして、少量でも腹持ちがとてもいいです。
心地よく作られてお料理は
心の栄養に✨
慌ただしい日々
溢れる情報
外に行けば、色んなものが売っている
便利な時代。
お客様で、都会の1人暮らしは
帰宅して、自分で作る気力がなくて
コンビニ、外食と
気付けば消化力が落ちて
精神的にもダメージが出て
これではダメだ!と
田舎に帰って来ました。とおっしゃってました。
ココロとカラダがよろこぶ「食」
本当に大切だなぁーと
そう実感させていただいた三日間でした。
ありがとうございます。
3月3・4・5日後半がはじまります。
kazetotsuchi.musubime.tv/

あけましておめでとうございます。

雪ない高島
春の日差しのようなお天気のお正月で
新年がスタートしました。
今回のおせちは
醸したお料理と
発酵たれや納豆でぃっぷもお入れして



・黒豆(みりんで甘みをつけました)
・伊達巻き(砂糖の量を減らし、みりんで甘みをつました)
・くるみ入り田作り
・数の子
・松前漬け
・ピクルス(アガベで甘みをつました)
・原木椎茸入り豚パテ(甘酒)
・豚肉のロースト(甘酒)
・ひまわりのタネ入り鶏パテ(甘酒)
・ホタテしぐれ煮
・いかの姿煮
・エビのうま煮
・えびのテリーヌ(甘酒)
・いかのテリーヌ(甘酒)
・鶏ハム(甘酒)
・鶏肉の八角風味味噌煮(甘酒)
・酒粕味噌つけ卵
・無農薬焼き野菜
・いくらとんぶり
・米ヨーグルト洋梨ゼリー
・スイートポテト
・たたきごぼう
・棒たら
・鮭のつけ焼き(甘酒)
・鮭のテリーヌ(甘酒)

ピリ辛醤油麹
朝天醤
納豆でぃっぷ
調味料は全て天然醸造を使って
消化に負担をかけない
発酵おせち✨
今年もよろしくお願いします。