丁稚ようかん物語

高島では
こしあんを竹の皮で包み蒸した「丁稚ようかん」が名物😊
この竹の皮は、防腐剤代わりに
鯖寿司やおにぎりを包んでました。

この竹の皮も市販じゃなく
竹の皮を拾い
洗って乾燥したもの
この四季を通して
自然からの恵みを
生活に取り入れた暮らしが
高島にはあります。
それを絶やさないようにと
今回、SUZAKIカフェさんで行われた
丁稚ようかん作りに参加させていただきました。
小豆も自家製
ストーブでことこと煮て
ザルで裏ごして

お砂糖を少しずつ入れながら焦がさないよう練って行く✨
仕上げに小麦粉を混ぜて


竹の皮で形を整えて

蒸し器で蒸して
蒸しあがったら重しをし圧をかけながら冷ます。
竹の皮の香りがして
とっても美味しいんです😍
高島は手作り材料も地域でまかなえる。
収穫したものを無駄にしない
生活の智慧
昔の人は工夫と手間をかける天才です✨
スポンサーサイト
お弁当のお仕事 | Home | お弁当のお仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する