栄養学を学ぶ

先日、武庫川女子大食物栄養学科の教授でいらっしゃる
松井先生に
食べ物が、どう消化・吸収・排泄されるのか?
消化にいいとされる「発酵食品」を取ることで
消化に使うエネルギーは軽減されるのか?
三大栄養素
五大栄養素の働きって?


こんな数式も出て来たり(笑)
脳が???になりそうでしたが
先生が噛み砕いて噛み砕いて説明して下さったお陰で
点だった情報が
そう言うことだったんだ✨と腑に落ちました。
今流行りのケトン体
ケトン体だけで捉えるのと
身体の仕組みが分かって、捉えるのでは
意味がまったく違いました。
健康な人
病気の人
未病のうちにと考える。
流行りは操作されてますね~。
やっぱり昔から続いてるコト・モノは
日本人にあってる気がします。
小さい頃は、お肉より魚食べていたし
今のように揚げ物も多くなかったし
旬のものを食べる生活
日常の動きが運動の代わりだったし
バランスとれてたんですね😊

体を動かさないと
エネルギー消費がないので
取りすぎたエネルギーは、中性脂肪になったり
なるほど~でした😊

ランチをはさみ

お勉強は続きました~。
松井先生
ご参加いただいた皆様
ありがとうございます。
スポンサーサイト
お料理教室でした | Home | お弁当のお仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する