にしぶち飯店行ってきました

先週、娘とにしぶち飯店さんへ~

nishibuchi11.jpg

京都らしい佇まい

さ々木時代の西淵君と、ゆっくりお話しした事はなかったけれど
仕事・人に対しての姿勢は、純粋で真っ直ぐで素直で・・・そんな印象を受けてました。

今回伺って、やっぱりそんな感じでした~

と前置きはここまでで

焼きなすと蒸し鶏・イチジクのバンバンジー
焼きなすの香ばしさと、しっとり柔らかい蒸し鶏に、バンバンジーソースがとても良くあって
イチジクを食べると、クリーミーな感じになりました

nishibuchi9.jpg

鮎の素揚げ・ネギたれ花椒風味
ほんのり感じる苦み、まさに旬の鮎!
花椒の良い香りが鼻から抜ける~
満足な1皿でした

nishibuchi8.jpg

フカヒレの姿煮
ぷりぷりで、あんかけの味の濃さがとっても良くって、ここに細麺入れて絡めた~い(笑)
残ったソースをパンで食べきる感じ
添えてある、ほうれん草も、しっかりほうれん草の味!
当たり前のようで、そうではないんですよ~
野菜の味がしない野菜多いんです

地元で食べる野菜の方が美味しいなぁ~って事良くあります(笑)
野菜の火入れ加減て、あんかけだと、盛りつけてからも火が通るので
お客さんの口に入るまでを逆算して、火を通す

深い1皿でした~

nishibuchi7.jpg

きんめの炙り
きんめをこうやって食べたのは始めて
最近、お造りが苦手な私・・・
酢で味をつけた玉葱・ナッツがアクセントになって
とっても美味しく食べられました

nishibuchi6.jpg

1週間寝かせた甘鯛
ねっとりぷりぷり~
ジュってかけられたネギ油も風味良く、絶品でした~

nishibuchi4.jpg

京都牛とおこげのあんかけ
お味はオイスターソース
おこげがサクサクパリパリで、いくらでも食らべれる(笑)
京都牛もとっても柔らかく、火の入り具合も絶妙でした

nishibuchi12.jpg

鱧とビーフン・黄ニラが熱々グツグツで出てきました!
ほんのり酸味のあるスープに、タバスコで少し辛みのアクセントがついていて
見た目「和」ですが「中華」でした(笑)

nishibuchi2.jpg

干し貝柱としそのチャーハン
しその風味がさわやかで、お腹いっぱいのはずが、食べられてしまう(笑)

nishibuchi1.jpg

デザートは杏仁豆腐!
柔らかさとコクと甘みとのバランスが、とっても良かったです

美味しすぎて、ボウルで食べたい

nisnibuchi.jpg

食材・調味料まで
本当に質の良いものばかりでした

特に油が良い(ここ大事です)

中華やフレンチを食べに行くと
私の場合、消化に凄く時間がかかるので
油に敏感で(笑)

西淵君の中華は、とても優しい味で
角がないというか、刺激物もアクセントとして上手く使っていて
身体に負担かからないお料理でした


しいて言うなら!
器がもう一回り大きいか、器2枚使いとか
非日常感の見せ方があると良かったかな?

これからが楽しみな、お店です

スポンサーサイト
フラワーヨガのお弁当 | Home | *はっこう*かふぇ*

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する