麹の生きた力を引き出す

ただいま伏木暢顕さんの麹の本を読んでます

とっても分かり易く
科学的な説明だったり
料理人としての目線だったり

とても深いです

発酵食お料理本だと
科学的な根拠まで書いてないし

科学的な本は
あまり聞かない言葉が、出てくると(特にカタカナ弱いんです
あれ?って読み返してる内に、分けがわからんように(笑)

感覚タイプの私には、理論的過ぎは苦手なんです~

本の中に
菌は悪意があるわけではなく、生命維持のための活動をしてるだけ
という言葉に衝撃を受けた!と書かれてました

目に見てない菌と
まず仲良くなりたい
塩麹を混ぜながら、発酵を続ける麹と心の中で会話されてるそうです

この感覚
すっごくわかります

いつか伏木さんにお会いしたい

麹教室に参加しようかなぁ~
スポンサーサイト
徳山鮨 | Home | 今日のお弁当

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する